沖縄同友会共通MONEY券の取り扱いについて

新型コロナウイルス感染症拡大は、「大恐慌以来」と言われ、この沖縄でも極めて深刻な影響を与えています。会員企業におかれましては、企業存続に向けて、日々懸命な対応に追われていることと存じます。今回の不況は、日本で感染が収束しても、世界規模での大きなダメージから、長く経済が低迷することが想定されます。沖縄同友会としても、会員の皆さんを支援すべく、相談室の設置や国や県の支援制度の情報発信、飲食業関連会員の紹介マップ作成等、取り組んできました。

全会員に5,000円分の金券をお渡しし、会員企業を利用することで少しでも沖縄経済の活性化に繋げようと、「コロナショック」における特別な措置として実施します。MONEY券の利用方法に基づき、同友会会員の店舗(受付店舗)にて、ご利用ください。

【同友会MONEY券利用方法】

①店舗でMONEY券を提示し、お店の人に店舗名を記入して貰います。

②MONEY券で支払いはせず、通常通り現金かカードで支払い、レシート(領収)を貰います。

③後日、MONEY券とレシート(領収)を同友会事務局にFAXかメールを送り、事務局は月末にまとめて各社口座に振り込みます。

〇配  布   会員企業一社につき1,000円×5枚(5,000円分)

○利用期間   2020年8月1日~2020年12月31日

同友会MONEY券サンプル

取り扱い企業 (2020年7月31日時点)

※支部ごとに飲食・観光関係とその他の業種べ分類し、会社名の五十音順となっています。