代表理事ごあいさつ

当会のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

1987(昭和62)年に、沖縄県内60名の中小企業家で発会し、現在約1,300名余の会員を擁するまでに成長することができました。これも偏に皆様の温かいご支援の賜であり、あらためて感謝申しあげます。
 創立から33年、沖縄同友会では同友会理念「同友会の三つの目的(よい会社 よい経営者 よい経営環境をつくろう)」「自主・民主・連帯の精神」「国民や地域と共に歩む中小企業をめざす」のもと、「労使見解」の精神に基づいた「経営指針」の成文化と実践、地域の雇用を支え、若者を育てる共同求人活動、経営者と社員が共に育つ社員教育活動、障がい者と健常者が共生できる社会の実現をめざす健障者委員会活動など「人を生かす経営」の実践に取り組んでまいりました。今後も会員相互が知り合い、学び合い、援け合い、切磋琢磨しながら、経営体質の強化を目指し、活動して参ります。
 2008年3月に制定された「沖縄県中小企業の振興に関する条例」をはじめ、現在では7市2町1村が「中小企業振興基本条例」を制定しました。沖縄同友会では、それらの制定にも働きかけ、中小企業の声を行政へ反映させるべく活動を継続しています。
 沖縄同友会は、①社会的使命感に燃えて事業活動を行い、国民と地域社会から信頼や期待に高い水準で応えられる企業、②社風と理念が確立され、労使が共に育ちあい、高まり合いの意欲に燃え、活力に満ちた豊かな人間集団としての企業づくりに邁進していきます。
 私たちは更に発展・成長していくことを誓います。今後とも沖縄県中小企業家同友会にご期待いただくようお願い申し上げ、挨拶とさせていただきます。

組織図

組織図