社員教育委員会

企業の内外に「共に育ちあう土壌づくり」
人材を人財に育てるため、様々な社員育成をサポートしています。

新入社員の「合同入社式」や「新入社員研修」「新人フォローアップ研修会」を毎年開催しています。さらに、社長と幹部社員が共に学び成長し、ものの見方・考え方を確立し、自律して自立できる人の育成を目的に社長・社員共育塾を開催し、同友会型企業(21世紀型企業)づくりに向けた活動に取り組んでいます。

第18期「社長・社員共育塾」開講のご案内 年間スケジュールダウンロード 第18期「社長・社員共育塾」開講のご案内 年間スケジュールダウンロード

活動紹介・成果

合同入社式・新入社員研修会

「社会人としての自覚とマナーを身につけ沖縄の将来をになう若者に成長しよう」をテーマに、1989年から4月入社の新入社員を対象に、合同入社式・新入社員研修を開催しています。合同入社式では、立派な会場で辞令書を交付し、新社会人としてのスタートを晴れやかにお祝いし、新入社員研修では、カリキュラムをもとに研修を行い、社会人としての心構えやビジネスマナーなどを学ぶ機会となっております。毎年多くの企業が参加し、現在は100名を超える新入社員の参加で行っています。

合同入社式

新人フォローアップ研修会

新入社員と入社5年目までの社員を対象に、毎年開催しています。仕事とは?働くとは?を問い続ける中で、新人として組織の中でのあり方と、心構えを身につけるため、全6回を通して、より細かなフォローができる研修会を行っています。講義では、職場の人間関係づくりを体験的に学ぶことのできる研修内容にしています。

新人フォローアップ研修

社長・社員共育塾

社長・社員共育塾では、幹部社員と経営者が共に学び成長し、ものの見方、考え方を確立し、自律して自立できる人の育成を目的といたします。報告終了後には各社懇談があり、出席した自社の社員が何を学び、何を感じたのかということを経営者自身がよく理解し、その上で、同じテーマについて語り合うことが重要になります。

社員共育塾