同友会についてよくある質問にお答えします。

qa01

中小企業家同友会ってどういう会?

中小企業家同友会は、日本すべての中小企業の繁栄と、そこに働くすべての人々の幸福をめざして、1957年(昭和32年)4月に設立されました。今では、47都道府県すべてにあり、約47,000社の中小企業経営者が加盟している中小企業経営者の団体です。その中で、沖縄同友会は1987年(昭和62年)に県内60社の中小企業家で発会し、現在1,300社の会員を擁する経営者団体となりました。知り合い、学びあい、援けあい、企業を発展させる経営者の会です。

qa02

入会するメリットは?

例会では経営者が自らの経営体験を報告し、それをもとに参加された経営者とグループ討論をすることで、より経営課題を深め、最終的には自社の経営に取り入れられるものをそれぞれが持ち帰り実践することができます。その他にも経営指針づくり、社員教育、求人活動などの学びの場や、異業種交流の場を通してネットワークを構築することも可能です。

qa03

入会の資格は?

企業規模、業種にかかわりなく、中小企業の経営に携わり、会の趣旨に賛同される方はどなたでも、入会できます。入会は個人加入となっていますが、会の催しには代理参加、社員の参加も可能です。

qa04

入会方法・会費は?

所定の入会申込書に必要事項を記入のうえ、入会金10,000万円と会費3ヵ月分18,000(月会費6,000円)をそえて、事務局もしくは紹介者までお申し込み下さい。

qa05

どうしたら入会できるの?

ホームページの「入会のご案内」からお問合せいただくか、事務局(098-859-6205)までご連絡いただければ、対応いたします。会の説明を聞くだけでも構いません。お気軽にお問合せ下さい。

qa05

政党や政治とのつながりは?

同友会は特定の政党に対して支持することはありません。また、いかなるところからも干渉や支配を受けません。会員個人の思想・信条の自由は当然のこととして保障されています。同友会では他の中小企業団体とも連携して、中小企業を取りまく社会・経済・政治的な環境を改善し、中小企業の経営を守り安定させ、日本経済の自主的・平和的な繁栄をめざしています。