トップ宣言のメリット

トップ宣言とは、トップの決意表明です。社内だけでなく外部にも会社としての姿勢を表明することです。 「宣言」は個人レベルから国際レベルまであり、対外的に表明することで実効性の責任が期待されます。 
トップ宣言は行政でも積極的に行われています。例として「まんが王国鳥取」は空港名も「鳥取砂丘コナン空港」としてまんがで地域活性化や観光振興を目的とする積極的な姿勢を表明しています。また少子化解消や若者支援に向けて「みんなでつくろう子育て王国」(鳥取県)、「子どもが育つ地域づくり」(三重県)、「いわて若者活躍支援宣言」(岩手県)などがあり、県民の意識向上や県外の人々へのアピールを積極的に行っています。
 企業においては、国や県の政策を促進したり企業方針を実現するための「イクボス宣言」「女性活躍促進宣言」「ハラスメント防止宣言」など働く環境改善の幅広い内容が宣言されています。
トップ宣言は、トップの意思や姿勢を明確にし、社員のモチベーションを高め、社内の取組を推進し、組織風土改革を目的とするものです。
社員の目標実現のための個人宣言を行っている企業も少なくありません。中小企業では、トップとの距離が近いため、お互いに共通認識をしていると思われがちですが、「トップが宣言」することは、より強いメッセージとなり目的達成のスピードを押し進めます。
経営者自らの「トップ宣言」を発しましょう。
(『ニライみらい』2016年9月15日号)
 
青山喜佐子(オフィスあるふぁ 代表者)
TEL/098−870−6680
 
 

Facebookでコメントする