川柳のススメ—職場のコミュニケーション

バラツキを個性といいはる新入生、失敗を笑顔で語り繰り返す。なんとなく職場の雰囲気がイメージできますね。

 最近のコミュニケーションは、短く、簡単、スピーディという特徴があります。

 面談や電話の話し言葉よりメールやSNSでのやりとりが多い。IT進化の賜といえますが、反面、文章を読むのが苦手、文字が思い出せないという弊害もあります。これからは職場でも新しいコミュニケーション術が必要。その一つとして「短く、分かりやすく伝える」川柳はおススメです。広報委員会でも学習会を行いました。

 川柳は五・七・五の十七文字で表現する江戸時代に始まったもので二百五十年の歴史があります。①五.・七・五の定型,②言葉、③リズムが大切です。普段は言いにくいことも川柳で表現すると、優しくビリッと伝えられます。またそれぞれの視点が発揮できます。

・頼んでる? 顔はなぜか凄んでる「ハラスメント防止」、

・新人はペンをとらずに写メをとる「U29編」

・何とかなる 何とかするのがエンジニア(エンジニア編)

・見える化をしたはよいけど 見ているか(品質編)

・ムダ話 仕事に活かせよ会話力(職場偏)。

・大丈夫と自信あるけど詐欺にあう(振込め詐欺防止編)

 川柳を考える時間のリラックス、心のゆとりや脳トレの効用もあるようです。  

(『ニライみらい』2017年7月15日号)

 

 
青山喜佐子(オフィスあるふぁ 代表者)
TEL/098−870−6680
 

Facebookでコメントする