勘違いの多い年金と働き方の話

 

 「60歳以上で働いていると年金はもらえない」
 「年金は60歳からもらうと減額になり損する」
 いろいろな誤解や勘違いからくる質問ですね。今回は働きながら年金を受給する「在職老齢年金」についてお伝えします。
 公的年金は、国民年金・厚生年金・共済年金の3種類がありますが、中小企業の多くは、国民年金と厚生年金に加入しています。
 国民年金は、自営業者やその家族が20歳〜60歳まで加入します。
 厚生年金保険は、会社に働いて賃金をもらっている人が加入します(週30時間以上の勤務で70歳まで加入)。
 国民年金、厚生年金等の加入期間が25年以上あれば年金の受取り資格が発生しますが受給できる年齢は、原則65歳です。ただし、申請によって60歳から受給できる制度があります。
 厚生年金で60歳からもらえるのは、報酬比例といわれる部分です
 60歳を超えて働く場合の働き方と年金の関係は
①雇用保険に加入して働く↓厚生年金の一定率が支給停止
②社会保険に加入して働く↓給与と年金の合計額によって厚生年金の一部が支給停止(合計額が月28万円・46万円以上で調整)
③雇用保険、社会保険に加入しないで働く(委託または自由契約で)↓年金は支給停止されない。
④雇用保険を受給している間は働かない↓年金は支給停止
 60歳から受給する年金には国民年金の「繰上げ請求」があり、厚生年金の特別支給と混同していることが多いので、一度専門家に確かめることをお勧めます。(今回は分かりにくい年金です、遠慮なく質問して下さい)
青山喜佐子(オフィスあるふぁ 代表者)
TEL/098−870−6680
 
 

Facebookでコメントする