茶論(2012年6月)

社長たるもの利益目標だけでなく社員教育から商品開発までアレコレと決定しなければならない案件が山とある▼余りの忙しさに我を忘れ、必死になって頑張って気が付くと「アレッ!!」、一難去ってまた一難。「これじゃいかん。社員と一枚岩になっていないからだ」とハタとし、反省し、社員懇談をやってみたり…。と、イロイロだが、なかなか思うようにいかないものと嘆く経営者は私だけではないのでは?▼後手に回ったらダメ、先手必勝とばかり手を打ち続け、もしかしたら堂々巡りをしていないか?ロダンの考える人みたいだと自嘲した方がおられたが、イヤイヤそうでもないなぁ。ロダン像は結構な静けさの中で自問自答し深く思索している▼こちらは犬も歩けば棒に当たる式で夜はバタンキュー。静かに考え未来イメージが創られていく時間とは大違いである。そんなこんなで、最近ようやくアレコレしないことにした▼やりたい事だけに絞り、できるだけ徹底的に見て、考え、行動するパターンを実行してみることにした。どんな業種の人であれ、学歴にかかわらずアレコレせずに一事に打ち込んできた人の話は、吸い込まれ不思議とこちらが素直になるもの。王道ってそんな道かも。

 

Facebookでコメントする