茶論

茶論(2015年6月)

 
 
「子育てエステシャン、応援します」これが我が社の最新方針だ。入社一年以内に半分、三年以内に七割が退職するという我が業界。その離職原因は「ママが働く時間帯」だ▼入社の時には合意していても、いったん子供を持つと状況は一変する。まずはご主人、そして意外にも母親が「そんな会社辞めて」と迫る。大げさだと思うでしょうが、これが現実だと我が社は受け入れるようになった▼結果お店の営業時間を変更、週三日一時間早く閉店することに決めた。そしてお客様に協力を求めたのだ。「当店では育児中の社員が増え続けております。其の為週三日だけ一時間早い七時に閉店させてください。お客様のご理解と御協力をお願いします」▼お客様を社員都合に合わせるナンテ間違っている! だが、現実的には、そうしなければ退職者が増えることも解っている。先週元社員と電話で話した。彼女の就職口を某エステに紹介したのだ。店長まで務めた人財だから我が社は喉から手が出るほど欲しいのに・・▼「社長ゴメンね。土日祝日休めて平日は六時閉店。紹介してくれて。ありがとう」。子育て中に御主人を事故で亡くした彼女には是非とも幸せになってほしい。子育てエステシャン達共に頑張ろう。
 

茶論(2012年9月)

我が社では心を高めるという本を、毎朝の朝礼読本として活用しています。

今朝は“夢を実現する”というタイトルで、<夢実現は一歩一歩の地道な努力からうまれるということを知ってほしい>という内容でした。行間から著者である稲盛氏が、<実際は、なかなかそうはならないんだ。意識の覚醒を!>と叫んでいる声が聞こえたような気がします。▼そういえば、成功者のポイントとして、①目標を設定する、②それを紙に書く、③毎日唱和すると以前聞いたことがありましたが、コレッて実は大事な本質なのかもしれません。 ▼例えば、目標が書かれている経営計画書があっても社長の机の中で眠っているなら、多忙な日常業務と想定外事象に対処しているうちに、立てた目標はほぼ完ぺきに忘れ去られてしまうものです。▼が、しかし、書き上げられた目標を毎日、覚醒した意識下で、唱和する場合は、計画通りにいかなければ(ここが違うのだけど)目標達成するために、仕事のやり方・働き方を変えゴールに到達するよう働きかけ続ける・・。決定的な違いは、決めた目標を捨てていないのです。▼夢を実現するためには、到達するという意志を失ってはならずその為に書いて・唱和するのですね。今朝の朝礼でした。

 

Facebookでコメントする