茶論

茶論(2019年2月)

 

 

 

如月や身を切る風に身を切らせ/真砂女▼新年早々衝撃的なニュースが流れた。国内外の投資会社によるオリオンビールの買収だ。経済のグローバル化は、地方でも着実に進んでいる。東南アジアの中心に位置する沖縄もその渦中にある▼混沌とする東アジアの政治情勢のなか、日本の課題も山積だ。米中貿易摩擦、北朝鮮の核廃棄と米朝対話、韓国との不協和、ロシアとの北方四島返還と平和条約締結など、沖縄の政治、経済、特に観光に与える影響は大きい。先の見えない時代の舵取りが大事だ▼参考になるのが、核戦争が現実味を帯びたキューバ危機でのケネディの対応だ。彼は側近に「悪魔の代弁者」と言われる役割を命じる。ローマカトリックの聖人認定に徹底的に懐疑的意見を言う人のことだ。多数派に対してあえて批判や反論する。それが核ミサイルの先制攻撃から海上封鎖へと戦術が変更され、ソ連のミサイル撤去と続くことになる▼知的水準が高くても似たような意見や傾向性では、見落とされる視点も多い。多様な意見を尊重する同友会流の侃侃諤諤の議論が組織の意思決定の質を高めるのだ▼春風や闘志をいだきて丘に立つ/虚子(作古)

茶論(2019年1月)

 子どものいる家庭には、必ずといっても過言ではなく「任天堂のDS」なる小型の読者の皆様、あけましておめでとうございます▼戌年の昨年、沖縄同友会は歴史に残る大きな行事を開催。未来を託す人材が多く輩出された。その青年経営者たちを中心に各支部・部会もさまざまな活動や仲間づくり運動を活発に展開、会勢も順調に伸びた▼筆者個人的にも、事業経営・家族・体調などなど初めての出来事が重なった目粉るしい一年であったように思う。まさしく“ドッグイヤー”であった▼今年はゆっくり穏やかな一年にと思ったが、干支は“亥”である。勢いよく猛進せねばと決意を固めたが、調べてみるとそうではないようだ▼干支は中国で生まれた。“子”から始まり“亥”が最後。本来の十二支は動物ではなく「植物の成長の様子」を表すものであった。“子”で植物の種子に命が生まれ育ち“巳”で成長のピーク。その後植物は徐々に枯れて最後の“亥”は「新たな命を誕生させる準備期間」との意味▼着実に業績を伸ばしている先輩経営者に聞いた。「好不調にかかわらず新卒採用を行い辛抱強く育て続けた。数年後には花開くことを信じて」と▼同友会は、共同求人活動と社員教育活動にも尽力している。自社の更なる飛躍のために積極的に活用してはいかがでしょうか▼拙い文ですが、本年も宜しくお願い致します。(治)

 

Facebookでコメントする