我が社のポリシー

卵へのこだわり もっともっといい卵をつくりたい-(有)諸味里エッグハウス 諸見里元氏

親父さんと卵(養鶏)を仕事にするようになって、この道二十七年。そして三年前に、自分のやりたい卵(養鶏)に取り組む為に、独立しました。現在では三九〇〇〇羽の鶏を飼って事業に取り組んでいる諸見里社長。鶏舎を見学させていただいたのですが、ここまで機械化されているとは驚きました。エサも水もあげるのも汚物お掃除、卵を集めるのまで機械で行っていました。三〇〇〇〇羽を擁する玉城の鶏舎もパート二人で午前中には仕事が終わるというからすごい!
ズバリ「人」「こだわり」と、わが社のポリシーを語ってくれた諸見里社長は、なんと六女の父親。現在は南風原中学校のPTA会長を引き受けており、PTA歴二〇年になります。この度、自社卵を使うケーキ屋さんを南風原町照屋にオープンさせました。その名も「ケーキとたまごの店 CAKE&EGG」お客さんはPTAで頑張ってきた諸見里社長を慕って来店される方もいっぱいで大忙しの様子でした。卵の直売所も業者さん、地域の人でにぎわいをみせています。同友会入会もよりいい人間関係を築きたいという社長の考えによるものでした。
 卵へのこだわりも半端じゃない。取材後、卵を社長の好意で頂き(役得♪)さっそく調理していただいたのだが、味音痴の筆者にも一口で味の違いがわかる。これはビックリ!「モロちゃんたまご」なる商品名のこの卵、やはりエサが違う!海藻・ヨモギ・桑の葉とアミノ酸やミネラル豊富なこの飼料を与えることで卵の味が濃厚に。みなさん、よくテレビやネットのショッピングで一個数百円で売っている卵に飛びついたりしてませんか?こんなにおいしい卵「もろちゃんたまご」が沖縄にあるんですよ。南風原の直売店またはCAKE&EGGに行って卵購入した方がどんだけ経済的になるか。一〇個入りが¥二五〇。贈答用化粧箱に入った商品でも三〇個¥九〇〇。これは沖縄が誇れる畜産物となっていけるんじゃないのか。筆者、太鼓判を押します!この卵、最近では生産量が追い付かなくなってきているとのこと。
 もっといい卵を作りたいと胸を張る社長を見ると、TPPなどで揺れる県産品も頑張ればやっていけるはずという思いが湧いてくる私であった!(金城新治)
 

≪会社概要≫

(有)諸見里エッグハウス 諸見里元氏
住所 南風原町字兼城715
TEL098-889-1950
会社概要
鶏卵販売
 
[おきなわ同友会しんぶん「ニライみらい」 2013年11月号より]

沖縄の食を支えるヒトづくりが当社の使命です-(株)金城商事

 約三〇〇社の仕入れ先から、砂糖・小麦粉・食油など七千品目を取り揃え、約一、七〇〇カ所の取引先へ食材をお届けする金城商事。昭和二十七年創業、六十一周年を迎える県内大手の総合食品卸問屋です。主に製菓・製パン業者や飲食店、スーパーマーケットなどの小売店に、仕入れた食材を浦添市の本店、牧志支店、北部支店の各拠点を中心とした流通網を通して、最適な商品を日々、休むことなく届け、私たちの食卓に深く関わっている会社です。
金城社長は、中学・高校時代は宮崎県で過ごし、青山学院大学卒業後、東京の不動産会社に十二年務めたあと、三十五歳のときに沖縄に帰郷する。県内の不動産会社に務めた後、金城商事に入社。社長室長を二年、仕入れ取締役を二年務めた後、二〇一三年四月社長に就任する。
 
 
 

Facebookでコメントする