我が社のポリシー

収穫する楽しさを次世代につなげたい―農業生産法人まるごと宮古島 代表者 上地和彦氏

今回は宮古島で農業を営んでいる 農業生産法人まるごと宮古島の上地さんに取材をしました。
 上地さんの農業との出会いは長い歴史があります。父親は宮古出身で母親は本部出身。二人がボリビアで知り合い農業を始め、幼少から農業に親しんだ環境で育ちました。
 七歳の時に宮古島へ移り住みますが、サトウキビだけの栽培が大半を占めているので収穫時期が集中しており、その労働が幼少の頃は嫌いだったそうです。しかし、農業関係の大学に進学し、基礎的な知識は取得しましたが、農業の仕事は避けサラリーマン生活を二年間過ごし宮古島へ帰郷。その頃、行政の仕事で農作物の加工所を作るためのプロジェクトに関わることになり、農業の知識がある上地さんは自分の力を発揮できる所がここにあると確信しました。
 その後四十歳で独立して農業生産法人まるごと宮古島を設立します。生産物は二十センチもある大きなピーマン(とんがりパワー)や色鮮やかなトマト、香草野菜(バジルパクチー)、なすび等々、多くの色とりどりの野菜があります。
 本土の食品小売業や外食産業、化粧品販売業へ出荷し、販売ルートも安定しています。しかし、一番の問題点は台風が来る夏場に野菜の収穫ができず、売り上げが下がる事です。今後は、年間通して安定した売上の対策を考えていきます。
 上地さんに経営のポリシーを伺いました。「宮古島は太陽の光、ミネラル豊富な地下水と豊かな土があるので、サトウキビ以外の野菜の栽培、収穫する楽しさを次世代につなげたい」と熱く語っていました。
 最後に「ボリビアの野菜も作りたいね」と笑顔が太陽のように輝いていました。
 
 

≪会社概要≫

農業生産法人まるごと宮古島 
代表者 上地和彦氏
住所 宮古島市平良市西里1331-21
TEL0980-76-6668
 
会社概要:農業
 
[おきなわ同友会しんぶん「ニライみらい」 2017年2月号より]

地域・お客様と共に成長を続けます-農業生産法人(株)オルタナティブファーム 代表取締役 松本克也氏

安全・安心で美味しく、人の健康に資する『食』を提供し、普及啓蒙します。○無農薬有機栽培で持続可能な循環型農業を実践し、水・土の自然環境の改善に努めます。○百年後に事業の真価が社会評価を受けるような社会性の高い事業たることを目指します。○人の喜び・成長に貢献することが、すなわち私たち自身の喜びとして、地域・お客様と共に成長を続けます」、これは昨年の経営指針作成講座を受講された松本さんが成文化した経営理念です。二○一二年八月の創業からもうすぐ四年。創業期の様々な困難を克服しながら前進を続けています。
同社の事業は大きく二つ。一つは無農薬・有機サトウキビの栽培・加工。二つめはマンゴー酵素飲料の製造です。最近では、代表商品「こくとうみつ」が国産農水産物を使ったすぐれた商品を評価するフードアクションニッポンアワード2015で入賞。宮古支部の㈲楽園の果実とのコラボ商品「こくとうみつジェラート」が宮古島コラボグランプリで準グランプリを受賞するなど、松本さんのこだわりが認められてきています。冒頭紹介した理念がどのように事業に反映されているかお伺いする中で、家庭で黒糖づくりが体験できる「おうちで黒糖チャレンジ」という商品をご紹介いただきました。地域産業の社会科学習のほか、製造過程は科学的要素もあり、理科・家庭科の食育教材としても活用いただけるのではないかと考えています。社会性の高い取り組みです。
こうした取り組みを支える財務体質の強化が喫緊の課題でしたが、マンゴー酵素飲料の量産が可能になったことで光明が差してきました。まずはこの事業を軌道に乗せ、さらに良い商品づくりに励む。基盤がある程度整ってきたらしっかりと雇用にも挑戦していきたいと力強く話す松本さん。今後の成長・発展に期待です。
 
 
 

≪会社概要≫

農業生産法人(株)オルタナティブファーム宮古 
代表取締役 松本克也氏
住所 宮古島市下地与那覇53
TEL090-7205-5199
 
会社概要:農業(生産・加工・販売)
 
[おきなわ同友会しんぶん「ニライみらい」 2016年4月号より]
 

Facebookでコメントする