寄り添い、必要な時に必要な福祉用具の提供を!(サトウ(株))

今回は、在宅施設の高齢者向けに福祉用具サービスを行っている、サトウ㈱の佐藤大介社長にお話しを伺いました。損害保険会社に勤務をしていた佐藤社長は、二〇〇二年に出身地の神奈川県から沖縄県に移住し、事業承継して二代目社長となりました。従業員が七十三名、全社員が福祉用具専門相談員の資格を取得、離職率も低く、社内レクや野球チームもあり福利厚生に力を入れている会社です。
 沖縄県内、宜野湾本社を含む六ヵ所の営業拠点があり、本社に併設されているメンテナンス工場を実際に見学させていただきました。レンタルしたご利用者に事故が起きないように、故障や汚れなどがないかを入念にチェックしている従業員さんは職人のような手つきでした。十二月より、さらに安心な商品を提供するために、うるま市に「福祉用具商品管理センター」を設置するそうです。
 また十年計画のなかで、売り上げ目標や社員成長なども計画で立てていますが、ご利用者に寄り添って、必要な時に必要な福祉用具を提供し、「地域貢献」・「地域密着」を特に重視していることを熱心にお話いただきました。
 最後に、定期的な福祉用具の勉強会の開催、第三火曜日の二十時からはFMラジオ(FM21)放送「福祉用具最前線&ミュージック」も行っていますので、ぜひ皆さんも聞いてみてはいかがでしょうか。(事務局)
 
 
会社概要
サトウ㈱ 代表取締役 佐藤大介(さとう だいすけ)氏
浦西支部
所在地/宜野湾市字真志喜2-13-12
☎/098-898-8700
事業内容/福祉用具貸与・販売
URL/www.satooka.com
[おきなわ同友会しんぶん「ニライみらい」 2018年11月号より] 
 
 
 
 

Facebookでコメントする