21世紀に輝く

健康で長く生活できることが本当の幸せ-(有)寿ランド 常務取締役 平良寿成氏

「「お客様は、三歳〜一〇八歳の方までいます」と、爽やかな笑顔で話すのは、南風原町にある㈲寿ランド・常務取締役の平良寿成氏。現在、二代目として目標に向けて精力的に学び、行動しています。
 寿ランドは、創業三十三年目。スイミングスクールから始まり、現在は高齢者向けデイサービス、老人ホーム、障がい児児童デイサービスと、幅広く事業展開し、地元の方に愛されている企業です。
寿ランドを大好きなのは地元のお客様ばかりではなく、スタッフもこの会社が大好きです。長くスクールに通っている会員さんの年齢による変化に気づき、「日常の中での困っている」ことを解決したいとの社員の声がきっかけで、スイミングスクールから他事業を増やしていきました。
 創業者である父がその声を取り入れ事業展開していた当時、平良さんは営業をしたくて不動産会社に勤めていました。たまたま帰省中に会社に寄った所、平良さんを子どもの頃から知る会員さんたちは口を揃えて「この会社なくさないでよ」と言われ、平良さんは会員さんたちの強い想いに応えるため、六年前に帰沖し寿ランドに勤め始めました。社員も長く勤めている方が多く、社員・会員さん共に言いたいことも言えるアットホームな環境で、自然な形で楽しみながら信頼関係が築けていることが分かります。
 「多世代コミュニティの場として明るい施設づくりを目指し、障がい者・健常者・小さい子どもからお年寄りまで、多世代が交流できる。寿ランドで過ごす子どもたちが、学び、成長して、将来活躍できる人に育つ環境づくりをしていきたい」と社会教育の想いまで取り入れた素晴らしいビジョンを話されました。事務所に掲げられた経営理念には、「エンジョイライフをサポートし 地域社会へ貢献する」という言葉があり、平良さんは「皆さんが健康で長く生活できることが本当の幸せと思っています」と、経営理念に込められた創業者の想いは、二代目へと引き継がれているのだと感動しました。
 同友会への入会は、支部例会に参加したのがきっかけ。大学卒業後すぐ県外で就職したため、沖縄には学生時代の友人しかなく、同友会で経営の話をできる仲間ができたのが嬉しかったそうです。
プライベートでは、とにかく楽しい事が大好き!という平良さんの趣味はゴルフ。月に一度はプレーを楽しんでいます。三十六歳で爽やかなイケメンにして、独身。(ご紹介歓迎です♪)
 今月は、年に一度開催している社員旅行があり、外国人雇用に向けた視察を兼ね、ベトナムへ行くそうです。
 寿ランドは随時見学も大歓迎。健康増進を考えている皆さん、ぜひ訪ねてみて下さい。(㈱中村印刷・知念由紀)
(会社概要)
㈲寿ランド
常務取締役 平良寿成(たいら・としなり)氏
〈南部支部〉
所在地/南風原町字宮平499
TEL/098-889-5775
事業内容/スイミングスクール酵素風呂
URL/https://www.kotobuki-land.net/
 
 
[おきなわ同友会しんぶん「ニライみらい」 2019年2月号より] 
 

相手の満足を考える「心の経営」を目指して!-(有)朝日興業企画 社長 喜瀬朝夫氏

 喜瀬朝夫氏が経営する㈲朝日興業企画は、一九七二年、お父様がトラック一台から始めた鉄工所「朝日工業」が始まりで、鉄骨建築・ステンレス工事などが主な事業でした。若い頃はプロのドラマーとして活躍していましたが、一九八一年頃に家業を継ぐため名護に戻られました。それからも「PA(音響や照明)をやってくれないか」と頼まれる機会が増えていき、当時は専門の業者がほとんどなかったこともあり、「これは商売になる」と確信。建設業の傍ら、音響や照明機材の貸し出しなどを始められたそうです。その後、この分野の売上が徐々に伸び業務が拡大してきたので、二〇〇六年十二月に会社を法人化し、「有限会社 朝日興業企画」と社名を改め、「建設事業部」に加え「イベント事業部」も設立し、レコーディングスタジオを併設した新社屋も建設。本格的にイベントプロデュースに乗り出されました。
 「業績は右肩上がりで安定しており、建築の方も受注が増加していて嬉しい限り」と話す喜瀬氏にインタビューさせていただきました。
 現在、建設事業部では主に鉄骨建築、ステンレス工事などを中心に受注しています。
 イベント事業部では、各種イベントの舞台設営、音響、照明、機器販売・施工工事など、また、「万国津梁館」のホール管理も請け負っているため県外大手企業からのMICE事業の受注もあり、大規模なイベントも少しずつ増えています。県内では新たに大型MICE施設の建設も予定されていますが、これが実現できれば、沖縄は近い将来『国際リゾート都市』になると信じています。他には、貸しスタジオ、「ライブハウス BIRDLAND」の運営もしています。イベントは北部だけではなく中南部からの依頼も多いですね。
 経営上大切にしていることは、自社の利益だけを追求するのではなく、お客様に対して思いやりを持って接し、相手の満足を考える「心の経営」を目指しています。また「社長が変われば社員が変わり、会社が変わる」を常に意識しています。気づきがあれば人は変われると考えており、社員と何でも話し合える風通しの良い雰囲気を心がけています。
 今後の展望は明るいと思っていますが、多忙なので戦力となるスタッフの増員が急務ですね。会社の成長や発展のためには人材確保・育成は必須だと思っています。
 目標としては、北部で定期的な音楽イベントを開催することですね。あとは、個人的なことですが、妻と二人で「世界一周旅行」するという約束もそろそろ実現したいと思っています。と柔らかに微笑む愛妻家の喜瀬氏。
 仕事はもちろん、音楽も人生もパワフルに楽しまれているバイタリティー溢れるロックンローラー喜瀬氏の衰えぬパワーと溢れる魅力に魅了されたインタビューになりました!(レッドコーラル 高木朋子)
 
 
 
会社概要
㈲朝日興業企画 代表取締役 喜瀬朝夫(きせ あさお)氏
北部支部
所在地/名護市東江5-9-23
事業内容/鉄骨建築、イベント事業
☎/0980-52-1588
 
[おきなわ同友会しんぶん「ニライみらい」 2018年11月号より] 
 
 

Facebookでコメントする