八重山支部

八重山支部2017年新春の集い開催

八重山支部新春の集い 記念講演の様子 
  八重山支部2017年新春の集いが、1月20日にホテルミヤヒラにて開催懇親会 ~かんぱーい♪されました。第Ⅰ部「新春講演」は(株)アイリスエステサロン会長で沖縄同友会代表理事の新城恵子氏が「経営者として29年!入口から出口まで同友会との軌跡」のテーマで話されました。
 女性向けビジネスを展開するため起業し、翌年には沖縄同友会に入会。29年のあゆみを、入会時・社員ゼロ(なんくる会員)→部会長・理事(同友会修業時代)→代表理事(経営者使命時代)と表現。立ち位置が変わると見えてくるモノや人が変わったことや、中小企業庁のベンチマークなど同友会の取組みなど語りました。
 また同友会で労使見解や経営指針を学んだことで、確たる理念ができ、自社の強みがわかり事業内容を見直し。理念に沿った経営のためにそれまで一番収益を上げていた部門「ドル箱」を捨てる勇気が持てたと語りました。「働く女性を応援するエステサロン」として自社で働く社員の幸せがなくてはならないと、「三方よし=会社よし、社員よし、お客様よし」と地域一番店をめざし、現在は6店舗を展開。事業承継も進んでいたがうまくいかずM&Aを選択。しかし、その相手から自社の幹部が高く評価されていることがわかり、「お金を残すは3流、事業を残すは2流、人を残すは1流」と締めくくりました。
 引き続き第Ⅱ部「新年懇親パーティー」では、中山石垣市長はじめ多くの来賓が参加されました。
 津嘉山支部長の年頭の挨拶では今年の支部活動の抱負を語り、昨年25周年で講演された岡山県総社市の片岡市長が日曜日に開催される「いしがきマラソン」にエントリーしていることが報告されました。小渡代表理事の挨拶、中山市長の祝辞、知念議長の乾杯の音頭閉会挨拶は山城副部長で鶏の鳴き声で楽しく締めて、終了しました。
 
 
 

八重山支部設立25周年記念講演会開催しました

障がい者雇用について講演される片岡氏  
 
 10月7日、ホテルミヤヒラにて八重山支部設立25周年を記念して講演会を開催しました。津嘉山航支部長の開会挨拶のあと、喜納朝勝代表理事が挨拶されました。
記念講演は「障がい者千人雇用で豊かな社会の実現をめざして」をテーマに岡山県総社市の片岡聡一市長が講演。片岡市長は、内閣総理大臣公設秘書など要職を務め地元総社市市長選に出馬するも一度目は僅差で落選。「なにもかも失い丸腰になった時こそなにができるか。人間力が試された」と奮起。二度目は大差をつけて当選し市長に就任。
片岡氏は2011年から本格的に障がい者雇用の促進に取り組みました。当初180人程度の就労が956人(6月現在)。ゼロ歳から亡くなるまでの三段階で考え、学校を卒業した方の社会就労の低さを痛感。「千人雇用」を掲げたことで周囲の反対は大きなものでしたが、できることから考えようと説得。条例の作成や委員会を立ち上げます。
これまで「モノ」を相手にしている障がい者雇用ですが、これからは「人の心」を相手にした仕事へ発展していく段階であり、周囲の理解があってこそだと強調されました。
 

サブカテゴリ

 

Facebookでコメントする