【南部支部第15回総会】 若手役員の台頭!参加人数の増加!活気あふれる総会

「南部支部の雰囲気が変わった」。懇親の場で2010年度、赤嶺剛副代表理事がつぶやいた一言。
 5月21日南部支部第15回支部総会が南風原ドライブインで開催され、会員を中心に40名が参加しました。冒頭の赤嶺氏のコメントにもあるように、今年は例年と一風変わった雰囲気での総会となりました。これまで、南部支部の総会は、南部地域の公民館などを利用して開催していた為、雰囲気が固いというような感想が聞かれることも。今回会場となった南風原ドライブインの2階は畳間。新会員や普段なかなか活動に参加できていない支部会員、他支部会員の参加も多数あった他、多くの若手役員が役割を担ったこともあり、活気に溢れ、暖かみのある総会となりました。

 第Ⅰ部「総会議事」では、予算案、活動方針案、役員の提案・採択などが滞りなく行われました。
 第Ⅱ部「記念講演」は「障全交」のプレ報告会の位置付けも兼ね、(株)大名の島袋宗一会長と(株)佐喜眞義肢の佐喜眞保社長が、福祉ビジネスの現状や課題について報告。

  
報告する島袋氏(写真左)と佐喜眞氏(写真右)
第Ⅱ部「記念講演」の様子(写真下)

 第Ⅲ部「懇親会」では、新役員や新会員が挨拶。「多くの皆さんに参加してもらい、本当に嬉しい」と述べた喜瀬慎禄支部長の挨拶には成功の喜びと感謝の思いがにじみでていました。


☆ 盛り上がる懇親会 ☆


おいしい料理をいただきながら懇親を深めました


和気あいあい!にぎやかに行われた南部支部総会懇親会の様子

 

Facebookでコメントする