中部支部新春講演&新年名刺交換会「自然や祖先に感謝の念を持ち会社経営を!」

「事業繁栄をもたらす3条件とは」をテーマに講演する講師の渡具知氏 新春講演会の様子
「事業繁栄をもたらす3条件とは」をテーマに講演する講師の渡具知氏

 中部支部新春講演&新年名刺交換会が、1月26日に、宜野湾市のカルチャーリゾートフェストーネで開催され、中部支部会員を中心に65名が参加しました。

 第Ⅰ部「新春講演」の講師を務めたのは(株)古宇利乃世・代表者の渡具知綾子氏。北部支部幹事長の渡具知豊氏のお母さんでもあります。渡具知氏は今帰仁村古宇利島生まれ。幼少の頃から数々の神秘体験を重ね、結婚・出産を経て、古宇利島の神人となりました。名護市内で名護曲レストラン、竜の宮神仏具を経営。長年にわたり、悩みやトラブルを抱える人々に的確なアドバイスと拝みを行い、県内外から訪れる人が後を絶たないといいます。
 今回は「事業繁栄をもたらす3条件とは」という通常の同友会とは一風変わった雰囲気のテーマでの講演。
 はじめに「今日の講演は、頭で考えながら聞くというよりも、心で聞いてほしい」と前置きしたうえで、「沖縄の風習」、「神理」、「方位・法則」「精神文化」などについて一つ一つ丁寧に説明されました。
 講演では特に、自然や祖先に感謝の念を持ち、生活や会社経営を行っていくことの大切さを強調。「感謝の念を持って生きていけば幸せになれる。嘆きやおごりで人は不幸になる」、「古きを重んじ、新しきを取り入れてこそバランスのよい現代社会を生み出す」など、会社経営はもとより、人としてどう生きていくかを考えさせられる講演となりました。

65名の参加で開催された新春講演会
65名の参加で開催された新春講演会

多くの来賓が参加し、和やかに交流を深めた懇親会 多くの来賓が参加し、和やかに交流を深めた懇親会
多くの来賓が参加し、和やかに交流を深めた懇親会

 引き続き行われた第Ⅱ部「新年名刺交換会」には中部地域の行政関係者や金融機関からの来賓も多数参加。楽しいゲームも行われ、和やかに交流を深めました。

(「ニライみらい」第275号より転載) 

 

Facebookでコメントする