お知らせ

第30回定時総会のご案内

沖縄県中小企業家同友会 第30回定時総会

 

記念講演

経営指針に基づく同友会型企業づくり

~「人を生かす経営」の実践で魅力溢れる人間集団~

 

講師:(株)ヒロハマ 会長 広浜 泰久氏

    (北海道同友会代表理事・中同協副会長)

 
 
 
お客様に喜んでもらえること、社員の目が輝いて働いていること、この2つがあれば、頑張れる。
(株)ヒロハマの顧客である製缶業界は年々、縮小の道をたどっている。缶に入れる中身のメーカーが海外に生産拠点を移していることなどから、生産量が減少。一斗缶の場合は、年1.5%~2%の割合で減っている。だが、ヒロハマは国内シェアトップに躍り出た後も成長を続けている。
 
 
 
 
 
日 時 2016年4月27日(水)午後4時~8時30分(午後3時30分受付)
会 場 パシフィックホテル沖縄 
     那覇市西3-6-1 TEL098-868-5162
 
第Ⅰ部 「総会議事」(PM4:00~5:30)
     ①2014度の活動報告 ②2014年度の会計報告 ③規約一部改正の提案
④第6次中期ビジョンの提案 ⑤2016年度の活動方針の提案
     ⑥2016年度の予算案の提案 ⑦2016年度の役員選出 
第Ⅱ部「記念講演」(PM5:45~7:00)
第Ⅲ部「懇親パーティー」(PM7:15~8:30)
     会費 お一人5,000円 ※総会議事、記念講演までの参加の場合は無料
 
 
 

3月県例会のご案内

 

3月県例会

想いを共にする仲間が突破口
 
~よい経営者になるために、奇跡のこども病院設立に学ぶ~
 
<パネリスト> 奇跡のこども病院編集委員
                田頭 妙子氏
                玉城よし子氏
                金城 清美氏
<コーディネーター> ㈱ジーエヌエー 社長 宮里敏夫氏     
 

 沖縄同友会では上記のテーマで3月県例会を開催いたします。奇跡のこども病院といわれる県立南部医療センター・こども医療センターは、トップダウンではなく、関係者を中心とした市民運動で設立されたものです。前例がなく、何度も大きな壁に直面しますが、あきらめず実現させたのは、苦しむ子供たちを助けたいという強い想いを共にする仲間の存在があったからでした。会社経営においても、逆境時にどれだく、全社一丸で課題に立ち向かえるかで、会社の未来が大きく変わります。今回は実際にこども病院設立に携わった三氏によるパネルディスカッションとグループ討論で学びを深めます。
 


日 時 3月17日(木) 午後6時30分~9時20分

会 場 沖縄産業支援センター1F「ホール」
      TEL:098-859-6205(沖縄同友会事務局)
      住 所:那覇市字小禄1831-1
内 容 講話、グループ討論、グループ発表、まとめ

 

 
※ゲスト参加も可能です。お申込みお問い合わせは
沖縄県中小企業家同友会 TEL098-859-6205まで
 

Facebookでコメントする