第1回合同企業説明会 昨年度時期の2倍以上!590名の学生が来場!

 4月27日に、沖縄コンベンションセンターで第1回合同企業説明会が開催されました。今回は、沖縄34社、東京2社の36社が参加。来場学生数は、昨年 同時期の2倍以上となる590名でした。今回の説明会スタート時刻の天気は雨、学生の来場者数に影響が出るのではという参加企業の心配をよそに、学生が多く集まりました。

 合同企業説明会では2年前から、来場学生に視野を広げた就職活動を行ってもらえるよう、企業の説明を聞く前に、オリエンテーションが行われており、 1~2社説明を聞いて、すぐに帰ってしまうという学生は減少傾向にあります。また、企業の説明時間についても、1回あたり30分というタイムテーブルを設 定。学生は企業ブースの訪問計画を立てやすく、企業にとっても、より多くの学生に説明が行えるとあって、今回も好評でした。


 他にも、企業訪問スタンプラリーや、企業パンフレットコーナー、就職ガイドブックコーナーの設置など、様々な取り組みを実施。久々に共同求人に参加した という企業からは、「以前よりも運営が進化していて驚いた」と感想が聞かれました。
 例年、午後になると会場の空席も見られますが、今回は最初から最後まで、ほぼ全てのブースに学生の姿が見られ、参加企業からも、「有意義な時間を過ごすことができた」など満足の声が多数聞かれました。

(広報紙「ニライみらい」№279より転載)

 

Facebookでコメントする