2011年度 第2回合同企業説明会 同友会の求人活動は地域の雇用を守り育てる事業


606名の学生が来場した第2回合同企業説明会

 2011年度の共同求人活動は、6月24日に第2回の合同企業説明会を開催しました。早くも事業活動は後半戦に突入です。参加企業会議に始まり、沖縄県 大学就職指導研究会や沖縄県専門学校各種学校協会との懇談会。八重山で開催された3三高校での就職ガイダンスと就職担当者との懇談会。第2回合同企業説明 会と共同求人経営者懇談会。前半戦の締めの月として、6月は盛りだくさんの事業に取組みました。


第2回合同企業説明会で経営者や担当者から説明を聞く学生の皆さん(写真)

 共同求人活動は4月の新年度開始前から動き出します。前年の8月から次年度事業の企画立案と参加企業の募集を行い、12月には就職キックオフセミナーを 開催します。年が明けると4月に第1回合同企業説明会を開催し、第2回、第3回と駒を進めてゆき、10月の第4回の説明会で合同企業説明会は完了します。 その後、参加企業の総括会議を行い共同求人活動は終了致します。

 通算すると16ヵ月を要する事業です。同友会が、これだけの時間と手間をかけながらこの事業を運営するのはなぜでしょう。それは、地域の雇用を守り育て る事業であるという社会的な意味がまずあります。それと共に、企業にとって採用戦略は、企業の未来を切り開くという科学性と人間性の追求という意義があり ます。

 次回の合同企業説明会は、8月6日(土)に宜野湾市のコンベンションセンターで開催いたします。会員の皆様にこの事業をもっと知っていただきたいと思っております。
 見学やスポット参加も可能ですので、是非とも事務局または共同求人委員会にお問い合わせ下さい。


同友会の説明会の良さは、経営者から直接企業の将来像や人材について語ってもらえること!

(広報紙「ニライみらい」№280より転載)

 

 

Facebookでコメントする