eおきなわ

IT津梁まつり2017大盛況のうちに閉幕

IT津梁まつり大盛況のうちに閉幕 

県内のIT技術に酔いしれる二日間 

 

今年も「IT津梁まつり2017」が1月20日(金)、21日(土)の2日間、豊見城市民体育館で行われました。eおきなわが2008年にスタートさせた『ITまつり』が2013年に県の委託事業『IT津梁まつり』へと発展し、今回でスタートから10回目の開催となりました。毎年多くの来場者で賑わうIT津梁まつり。今回も2日間で約5,000人が来場し、最先端のIT技術を堪能しました。

 

今年は中学、高校、専門学校、大学が23ブース、県内のIT関連企業・団体が21ブースを出展。企業や団体のブースではフライトシュミレーターや360度VR体験、ドローン、ロボットなど、各社の最新技術を駆使した製品やサービスを展示。学生のブースではUnityやScratch、Monacaなどの最新プログラミング技術やVRやRaspberry Piで作成した課題などを展示し、若者の技術力の高さを披露しました。

 

ステージではヒューマノイドロボットNAOのアトラクションでNAOが流行りのPPAPを披露し笑いを誘った他、学生による活動の成果発表プレゼン合戦や、マイクロソフトのテクニカルエバンジェリストによる最新技術の紹介、沖縄デジタルコンテンツ産業振興協議会によるスマホのマナーとワナに関する講演、また、多目的室やサブアリーナ、与根公民館などで学生と企業の交流会や小中学生対象のプログラミング体験、離島高校生の交流会、各種セミナーなど盛りだくさんの内容で大盛況となりました。

 

若者のIT離れがささやかれる昨今ですが、今回参加した学生のみなさんの技術力やITへの関心の高さを見ると、そういった心配も不要のような気がしました。また多数の来場者からはITへの関心の高さもうかがい知ることが出来ました。個人的にはIT津梁まつりが全国規模のイベントになってくれないかと期待しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

東京・大阪・福岡・沖縄IT部会交流会が開催されました

去る11月4日~5日に、東京・大阪・福岡・沖縄同友会によるIT部会交流会が開催されました。

毎年持ち回りで開催されており、沖縄開催は今回で2回目です。


 

基調講演「小さな島の大きな文化」 講師:神谷武史氏 ↓

 

 

参加企業全社によるプレゼン合戦 ↓

 

交流懇親会↓

翌日は、オプショナルツアーで釣り・ゴルフ・観光コースに分かれて交流しました。

 

Facebookでコメントする